2009年02月24日

XSI7が、Softimage7.5となって登場

昨年Autodeskに買収されたXSIですが、いよいよXSIの名前が無くなり、Autodesk® Softimage®としてスタートするようです。
他のソフトの更新状況も追いかけられていないので心苦しくありつつも、一応速報として。
----
Autodesk® Softimage® 7.5(米国本社告知)

Autodesk® Softimage® 7.5を買うべき理由

Autodesk® Softimage® 7.5は、ビジュアルエフェクトやゲーム制作のための完璧なソフトウェアです。
革新的で、非常に拡張性の高いアーキテクチャで構成されているSoftimageは、あなたのクリエイティブなビジョンを迅速かつ効率よく生み出せるように、3Dのプロフェッショナルとしてのパワーと柔軟性を与えてくれます。
エフェクトとツールを視覚的に組み立てることの出来る新しいプラットホームを表現するノードベースのInteractive Creative Environment(ICE)に注目して下さい。
ICEは、マルチコアワークステーションで最大限の性能を引き出すことが出来、拡張性とパフォーマンスを兼ね備えた高性能並列処理エンジンを得ることが出来ます。
より高度なプロダクションスタンダードを可能にし、生産効率と作業の一貫性が飛躍的な効率アップへと近づけるでしょう。

Softimageの種別


Autodesk Softimage(これまでXSI Essentialsと呼ばれていたもの)
・ゲームとビジュアルエフェクト(VFX)作成に適した完璧な3Dソフトウェア。
・ICEノードベースの視覚的かつ対話的な開発プラットフォーム
・64bitマルチスレッドによるハイパフォーマンスなアーキテクチャ。
・新しいUV unfolding(UV展開)テクノロジー。

Autodesk Softimage Advanced
(これまでXSI Advancedと呼ばれていたもの)
・Softimage(旧XSI Essentials)の全機能に加えて、Softimage Batch5ライセンスが付属します。
・迅速かつ簡単にレンダーファームをSoftimageにセットアップする方法が用意されています。
・Softimage Behavior(ビヘイビア)という群衆シミュレーションが付属します。


告知
最大50%の製品割引を予定していますので、2009年の4月15日までは、あらゆる旧バージョンからのバックサブスクリプション(年間保守未払い?)を行わないで下さい。
旧バージョンのXSIをお持ちの方は、Autodesk Softimage7.5に移行すべき時間が近づいています。
この割引は、あなたがAutodesk Softimage購入した販売店を通して利用可能ですので、販売店に連絡して、この割引をご利用下さい。
ラベル:XSI
posted by おべんきょうぬま at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。