2009年04月26日

T-Splines 2.0 Wip 13

現在、T-Splineは、サービスリリースが1.41。
最新のベータは、2.0β4です。
翻訳が追いついていないので、今回はWIP13の訳を掲載しています。
----
T-Splines 2.0 Wip 13

T-Splines 2.0 WIP 13 for Rhinoをお送りします。
これはT-spline ver1の最新アップデートではありません。
(それが必要な人は、ここにアクセスして下さい
生産現場で、このバージョン(WIP)を使用してはいけません。
しかし、次期バージョンに助力をしたいと思うなら、このバージョンをインストールして下さい。
まだ多くのクラッシュバグがWIPには含まれています。
RC13 WIPは、ここでダウンロードできます。
http://www.tsplines.com/latestversion.html
ダウンロードを行うためには、フォーラムアカウントと異なるアカウントを必要とします。
ご不便をおかけすることをお詫びします。

今回のリリースの更新点:
T-Splinesメッシュのマージについて。
これは新しいコマンドになりますが、T-Splinesメッシュのデータ構造を利用出来、おおむね以前のtsMergeより改良されています。
このコマンドの使い方:
tsmMergeの入力は、T-Splineメッシュから境界のエッジを取得し、それを結合させます。
コマンドを適用する前に、2つのエッジのループを仮選択するとtsmMergeは、選択した部分を移動させ、中間点でマージさせるでしょう。
そうしない場合、コマンドが適用された後に、エッジのループが選択されると、最初のエッジのループは、2番目のエッジのループとのマージの中間へ移動するでしょう。
このビデオで、マージについて見て下さい:

バグ修正:
スムースモードに変換されたときにT-Splineが皺を作るバグは修正されました。
対称境界カラーは、青をデフォルトとすることにしました。

アタッチメント:
myminicity00.jpg
ラベル:tsplines OHP
posted by おべんきょうぬま at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | T-Splines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。