2008年07月15日

Houdini9.5 新機能紹介

本日Houdini9.5のリリース予定日ということで、Houdiniギャラリーから、もうひとつ9.5機能紹介。
----
myminicity00.jpg
Fire Transfer
Jake Fullerton © 2008

この炎のエフェクトは、Houdini9.5のボリュームフルイドを使用して作られています。
燃えるボールは、転がりながら、その属性を燃料へと移し、多くの炎を発火させています。
点光源は、輝きをシミュレートするために、炎の中に置かれています。
このシミュレーションのHoudini Exchangeがあるシーンファイルが以下でダウンロード出来ます。
シーンファイルをダウンロードする
タグ:SideEffect OHP
posted by おべんきょうぬま at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Houdini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

DAZ Studio 2.2

相変わらずのアンテナの低さで、今頃DAZの更新に気づく。
DAZのメールは、すぐスパムフィルタに引っかかるので、更新メールを見逃すことが多い。
なにせ、DAZはフィギュアや服を売るのが商売なので、メールの内容がどうしても怪しげな物売りのメールっぽくなってしまうから。

機能紹介などは、後々紹介するとして、まずは冒頭の告知だけ。
----
DAZ Studioは、2.2となって帰って来ました!

多くのご要望にお応えし、最新のアップデートをいつでもお届け出来るようにしています。
バグフィックスし、装いも新たに安定したDAZ Studioの環境で制作することが出来ます。
しかし、それよりもお伝えしたいことは、DAZ StudioにLip-sync(リップシンク:音声と口の動きの同期)という機能が搭載されたことです!
このリリースに同梱されているサウンドファイルを使って試してみるか、或いはMimicから直接DAZ Studioにファイルを読み込むことが出来ます。
更に、新たな機能としては、Smoothing Angle(スムージングアングル)があります。
これは、どのサーフェースを選ぶかに応じて、スムースにするか、どのような角度にするかを選べます。
詳しくは、"What's New"を参照して下さい。
さあ、一歩踏み出して、DAZ Studio 2.2の世界へと飛び込んでいきましょう!
posted by おべんきょうぬま at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | DAZ Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

3D Coat 2.10BETA2A

細かくバグフィクス。
3D-Coatは、他のアプリでは見られぬほど更新が早いせいか、昨今は、普通の掲示板は静かで、ニューリリース掲示板ばかり速度が速いw
----
リンク(BETA2A)をアップデートしました。

更新リスト:
1)インターフェースを作り替えました。
 右マウスボタン ホイール上/下/スペースを使用して、ワークモードの切り替えが行えます。
2)ドローストロークモードでCTRL+クリックをすると、スプラインをconnect/break(接続/破壊)を行うことが出来ます。
3)エッジのspin/extrude(回転/押し出し)は、(sock toolのような)モードを操作して選択するようにしました。
4)edge loop/edge ring(エッジループ/エッジリング)に制限をかけました。
5)オートセーブ時間の警告がつきました。
6)巨大なメッシュをインポートする速度と安定性が、根本的に改善されています。
7)Edit->change(編集>変更)で起きていた問題は解消されました。
 (設定を再読込した後、格納されていませんでした)
8)pen/rectangle(ペン/長方形)でverts/edges/faces(頂点/エッジ/面)が選択出来ます。
9)右マウスボタン(左マウスボタンだけでなく)で、頂点をweld(ウェルド:融合・合体)させられます。
10)多くのバグフィクスを行いました。

しかし、GL/GMA945の問題はまだ片付いていません。
テストをしてくれている方々に感謝を!
posted by おべんきょうぬま at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 3D-Coat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

XSI Foundation続報

一昨日、ソフトイマージュ社からのXSIファウンデーション廃止に関するお知らせを、紹介したのだけど、そのすぐ後に日本法人のページにも日本での対応が案内されていた。

日本では、以前から行われているFoundationからEssentialsへのアップグレードキャンペーンしかフォローがないようで、こんな日米の価格の比較もされている

バージョンアップを契機に、エンドユーザー拡張へ向かったHoudiniとまったく正反対の選択をしたXSIだけど、歴史はどちらを正しいと判断するのか、興味深く見守りたい。
posted by おべんきょうぬま at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

3D Coat 2.10 BETA2

先週BETA2が出ていたことに、今更ながら気付いて紹介。
----
Andrew Shpagin  Jul 4 2008, 04:08 PM

3D-Coat BETA2が出来ました。
新しいトピックが、以前よりかなり大きくなるようにしようと思います。
私は、最後のリクエストを覚えており、忘れていません。

BETA2更新一覧
1)面/頂点/エッジをパックで選択肢、操作できるようにしました。
2)それぞれの面のサブディバイド、サブディビジョンの増加(何か面をサブディバイドして、その後となりの面をサブディバイドすると、即座に分割は細分化されます)。
3)エッジリングだけでなく、どのような構成のエッジも分割することが出来ます。
4)頂点を結合することができるようになりました。
5)作業中のローポリメッシュから、リトポメッシュを作ることができるようになりました。
6)リトポメッシュがインポート出来るようになりました。
7)カーソルのフリッキングは解消されました。
8)GMA945問題が解消されました(と願っています)。
9)インポート時に、三種類のUVスムージング
 ・smooth but keep edges(滑らかにするが、エッジは維持する)
 ・smooth all(全て滑らかにする)
 ・smooth but keep corners(滑らかにするが、角は維持する)
 の設定が出来るようになりました。
10)ベイキングツールが改良(速度向上、バグフィックス及び、多くのUVセットがあるメッシュの入力で使用できる可能性など)されました。
11)巨大なメッシュがインポート可能になりました(ベータ段階であり、多少遅いですが、今回のバージョンより動作するようにしてみました)。
12)隠れた面を恒久的に削除--許可すると、マージツールと組み合わせて、一からメッシュをリビルドすることが出来ます。

以下にリンクがあります。
http://www.3d-coat.com/files/3d-Coat-2-10-BETA2.exe
posted by おべんきょうぬま at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 3D-Coat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

XSI Fnd終了のお知らせ

ソフトイマージュ社からのXSIファウンデーション廃止に関するお知らせを翻訳。
最近ニコニコ動画や、チュートリアルサイト、ブログのHow ToでXSIに入ってきた個人ユーザーは全て切り捨てられることになる模様。

以前からBlogに書いている通り、私も(さして触っていないものの)XSI Foundationユーザーなわけですが、Fndがこうなると、本格的にHoudini Apprenticeにウェイトを置くことになるかな、と思いつつ、ちょっとショックだったので紹介。
日本語サイトでは、アップグレードを促す文言はあっても、廃止という文字は入れないように、巧みに言い換えて誤魔化してるみたいなのけど、かえって不親切な気が。
----
Foundationをお買い上げの皆様へ。

SOFTIMAGE社は、次期バージョンとなるXSI7において、段階的に個人向けの3Dソリューション(XSI Foundationのようなスタンドアローンのプロダクト)を廃止することと致しました。

これは、容易に出せる結論ではありませんでしたが、我々は世界一革新的なプロユースの3Dソリューションとして、そうした顧客向けに焦点を合わせることにしました。
我々は、これまであなた方がしてくれたことを評価していますし、我々のテクノロジーへ注ぎ込んでくれた時間と努力に感謝します。
これまでの数年間、あなた方がしてくれたことへの感謝の意を表す意味で、我々は、これまで提供した最も低い価格で、XSI EssentialsかXSI Advancedにアップグレードすることができるようにする特別価格を用意しています(これは2008年9月30日まで受け付けています)。
この提案は、XSI Foundationのバージョン4.x、5.x、および6.x購入者を対象としたものです。
全てのXSI Foundation購入者へ向けて、アップグレード案内をメールしました。
まだ、この情報を受け取っていない方は、sales@softimage.comまでお知らせ下さい。
我々は、どのような質問にもお答えいたします。

重ねて、SOFTIMAGE社製品のお買い上げについて感謝の意を述べさせていただきます。
あなたが、この特別なアップグレードの機会を活用し、XSIを楽しむことを継続していただけることを願っております。
そして、それによってプロ向けの3Dパッケージとして、更なるパワーがあなたの想像をも超える可能性を解き放つことを確信しています。

それでは。

SOFTIMAGEチーム一同 拝
タグ:XSI
posted by おべんきょうぬま at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

工場が建つ。

Numa Cityに、工場が建設された。
よりにもよって、町の中央にorz
まだまだ人の少ない田舎町だからということだろうか。

以前、延々とセキュリティを強化し続けて町中を警察署だらけにしている町を見かけたので、工場などの特殊な建物は、踏み方の偏りで建つものなのかも知れない。

人口増加
雇用増加
道路整備
治安維持
タグ:MyMiniCity
posted by おべんきょうぬま at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

Houdini9.5 ギャラリー更新

Houdiniギャラリーから、9.5機能紹介。
毎度いちいちギャラリーの更新を取り上げるわけでもないのだけど、9.5がらみだし、来週リリースって言ってるしなあと、期待をしつつ。
----
myminicity00.jpg
Camp Fire
Alex Leung © 2008

Houdini9.5の新しい炎と煙のツールは、ボリュームフルイドシミュレーションでの、このキャンプファイヤの作成に使用されています。
新しいDSD(Detonation Shock Dynamics:爆発と衝撃に関するダイナミクス)マイクロソルバーは、炎をシミュレートするのに使用され、くわえて新しいRampパラメータが炎オブジェクトを制御して色を変更するのに仕様されています。
ポイントライトは、炎が照らす明るさのシミュレーションを行う際に、シンプルなパーティクルシミュレーションで火花を散らすために使われています。
Houdini Exchangeのダウンロードから、このシミュレーションのシーンファイルを入手できます。
シーンファイルをダウンロードする
タグ:SideEffect OHP
posted by おべんきょうぬま at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Houdini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

SynthEyes™ 2008.0.1000 User Manual

かじやんさんが、SynthEyes™ 2008.0.1000 User Manualをアップして下さったので、翻訳も2007から現行版である2008へとアップデートしています。

SynthEyes ユーザーマニュアル日本語訳は、こちら

昨今、SynthEyesで検索する人も多いようなので、コメントだけでなく、トピックとして独立させて紹介。
SynthEyesの注目度が高いのは良いことですが、翻訳はスローペースなので、恐縮しきり。
リアル引っ越しが片づく今月末までは、かなり動きが鈍くなりそうな気配です。
posted by おべんきょうぬま at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | SynthEyes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

Fluids Technical Evening

darwin-small.jpg

Fluids Technical Evening

Houdini9.5について、ジェフ・レイトが解説します。
ジェフは、サイドエフェクト社のシニア数学者であり、フルイドについて語ります。

プレゼンテーションは、Houdini9.5での基本的なDOPsの概要及び、パーティクルやボリューム・フルイド・シミュレーションの設定方法についてお見せするプレゼンテーションです。
このプレゼンテーションは、サイドエフェクト社主催のサンタモニカ・テクニカル・イブニングの記録です。

ジェフのプレゼンテーションを見て下さい(英語)
[110MB QT - 31 Mins.](110MBのクイックタイム形式 31分の動画です)

タグ:SideEffect OHP
posted by おべんきょうぬま at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Houdini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。